Vol.1の審査員 森野和馬(もりの かずま)


【東京国際プロジェクションマッピングアワード vol.1】審査員 森野和馬

映像作家 / CGアーティスト

1966年静岡県生まれ。株式会社ストライプファクトリー代表。多摩美術大学非常勤講師。
世界最高峰のCG学会SIGGRAPHにおいて、93年から現在までにアート作品、CM等の商業作品で 10本の作品で入賞を果たす。Prix ARS ELECTRONICA,Imagina など海外の受賞多数。東京都写真美術館、東京都現代美術館をはじめ、様々な企画展に参加し、国内外で精力的に活動している。
また一方でCMディレクターとしても活躍。東芝、サントリー、日テレなどのモーショングラフィックスも手がける。他に愛知万博「瀬戸日本館」1階の総合ディレクター、KENISHII や井上陽水のプロモーションビデオ、ライブVJとしても注目を集める。2015年3D 作品の個展「PINK SKIN」開催。

ページのトップへ戻る