Vol.4作品 「nature ∩ art」


Vol.4 ノミネート作品

学校名:佐賀大学
チーム名:蘖
作品名:nature ∩ art
代表者:赤堀佑夏
メンバー:石松由布、酒井淳子

▼作品紹介▼
自然の対義語は人工であるとされている。
しかし、実際に自然とは何か、人工とは何かを考えてみるとどうだろう。
例えば、人工林によって形成された森や、護岸工事された川は自然と呼べるのか。
人によって作られた人工物では無いのか。
もっと言えば、人工物の代表であるビルやアスファルトも元を辿れば自然から採掘されたもので出来ている。
そう考えると、自然と人工の境界が実はあやふやなものだと気付く。
そもそも自然と人工物とで対立的に考えることが間違っているのでは無いか。
人の手が加わっているからこそ自然は生き、自然があるからこそ、人間も存在できる。
自然と人工は対立しているわけではなく、互いに調和しあって共存しているはずだ。
私達はプロジェクションマッピングを通して、「自然∪人工」ではなく、「自然∩人工」を表現する。             

【東京国際プロジェクションマッピングアワード Vol.4】佐賀大学


▼チームプロフィール▼
同じサークルに所属する3人組。
切り株や根元から出てきた新芽のことを蘖という。
我々は蘖のように未熟だが持てる力全てをぶつけていきたいと思う。

【東京国際プロジェクションマッピングアワード Vol.4】佐賀大学

ページのトップへ戻る