過去最高、のべ約22万人が視聴! 「東京国際プロジェクションマッピングアワード Vol.6」

2021/11/29

オンライン開催で過去最高、のべ約22万人が視聴!「東京国際プロジェクションマッピングアワード Vol.6」最優秀賞は『万物流転(ばんぶつるてん) 制作:大阪芸術大学 チームわびさび』実質100%再生可能エネルギー運営で、SDGsの普及にも貢献

東京国際プロジェクションマッピングアワード実行委員会(運営:株式会社ピクス、株式会社IMAGICA EEX 以下、実行委員会 URL:https://pmaward.jp/)は、【東京国際プロジェクションマッピングアワード Vol.6最終審査・上映会(以下、PMアワード Vol.6)】を去る11月13日(土)に有明にある東京ビッグサイトにて無観客オンライン形式で開催し、過去最高の、のべ約22万人に視聴されました。

東京国際プロジェクションマッピングアワード Vol.6

東京国際プロジェクションマッピングアワードは、学生・若手映像クリエイターの発掘を目的に設立され、毎年、東京ビッグサイトを舞台に実施される、日本最大級のプロジェクションマッピングのコンテストです。

第6回目にあたる今回は、テーマである『New Era (新しい時代)』にちなんだプロジェクションマッピング映像12作品が、高さ約30メートル、幅約94メートルの東京ビッグサイトの壁面に投影されました。YouTuber / クリエイティブアーティストのあさぎーにょさんをはじめとしたクリエイティブ業界の第一線で活躍する審査員により、最終審査が実施されました。

書類選考を経て4か月にわたって制作された上映作品の中から、最優秀賞には、大阪芸術大学「チームわびさび」が制作した『万物流転(ばんぶつるてん)』、優秀賞には、京都精華大学「S2Y」が制作した『JUNCTION(ジャンクション)』と、日本デザイナー学院「いういうば」が制作した『It’s my NEW ERA!』、審査員特別賞には、東京コミュニケーションアート専門学校「ただの田中。」が制作した『Deepning』が選出されました。

イベントMCはハリー杉山氏が務め、その様子はTwitter、YouTube、公式サイト等のオンラインで配信され、昨年を上回る約22万(のべ217,681人)の方々に視聴されました。

また、本年は本イベントにかかる電力を実質100%再生可能エネルギーで運営し、上映画面でもSDGsの訴求をすることで、SDGsの普及に貢献しました。今後も若手人材の育成と新しいテクノロジーの普及、まちの賑わいの創出などを通してサスティナブルな社会の発展に貢献してまいります。

<東京国際プロジェクションマッピングアワード Vol.6 実施概要>

●受賞チーム

最優秀賞 作品名:万物流転
学校名:大阪芸術大学 チーム名:チームわびさび 

最優秀賞 作品名:万物流転 学校名:大阪芸術大学 チーム名:チームわびさび 

最優秀賞 作品名:万物流転 学校名:大阪芸術大学 チーム名:チームわびさび 

優秀賞 作品名:JUNCTION
学校名:京都精華大学 チーム名:S2Y 

優秀賞 作品名:JUNCTION 学校名:京都精華大学 チーム名:S2Y 

優秀賞 作品名:JUNCTION 学校名:京都精華大学 チーム名:S2Y 

優秀賞 作品名:It’s my NEW ERA!
学校名:日本デザイナー学院 チーム名:いういうば 

優秀賞 作品名:It's my NEW ERA! 学校名:日本デザイナー学院 チーム名:いういうば 

優秀賞 作品名:It's my NEW ERA! 学校名:日本デザイナー学院 チーム名:いういうば 

審査員特別賞 作品名:Deepning
学校名:東京コミュニケーションアート専門学校 チーム名:ただの田中。 

審査員特別賞 作品名:Deeping 学校名:東京コミュニケーションアート専門学校 チーム名:ただの田中。

審査員特別賞 作品名:Deepning 学校名:東京コミュニケーションアート専門学校 チーム名:ただの田中。

●決勝ノミネートチーム

作品名:Forword 学校名:日本電子専門学校 チーム名:7seasons 
作品名:Vuja De 学校名:東京造形大学 チーム名:まぁぶる 
作品名:PUSH 学校名:城西国際大学 チーム名:パーティタイム 
作品名:盛衰興亡 学校名:日本工学院八王子専門学校 チーム名:Bee 
作品名:Story of Noodle 学校名:千葉商科大学 チーム名:Fortuna 
作品名:hopeful sign 学校名:城西国際大学 チーム名:TEAM KIOI 
作品名:Re:Earth 学校名:大妻女子大学 チーム名:From.九ノ壱 
作品名:バタフライエフェクト 学校名:佐賀大学 チーム名:猫ぷろれす 

●審査員

あさぎーにょ
あさぎーにょ(YouTuber / クリエイティブアーティスト)

川本 康
川本 康(玄光社『コマーシャル・フォト』統括編集長)

シシヤマザキ
シシヤマザキ(アーティスト)

橋本大佑
橋本 大佑(演出家 / アニメーション作家 / 視覚芸術アーティスト)

森内大輔
森内 大輔(NHK 営業局 戦略企画部 副部長)

●MC

ハリー杉山
ハリー杉山
1985年東京都生まれ。日本語、英語、中国語、フランス語の4か国語を操る卓越した語学力を持ち、司会、リポーター、モデル、俳優などマルチに活躍している。主な出演番組にフジテレビ「ノンストップ!」ほか、J-WAVE 「POP OF THE WORLD」、NHK 「どーも、NHK」、NHK BS1「ランスマ倶楽部」などレギュラー出演多数。

●各賞/副賞

応募作品の中から優秀と認められた作品に対し、以下の各賞および副賞を授与します。
最優秀賞(賞金30万円、トロフィー、賞状)
優秀賞(賞金15万円、トロフィー、賞状)
審査員特別賞(賞金10万円、トロフィー、賞状)

●開催概要

東京国際プロジェクションマッピングアワード Vol.6
日時:2021年11月13日(土)
上映会 18:00〜19:50 / 表彰式 19:50〜20:20 / フィナーレショー 20:20〜20:30
会場:東京ビッグサイト会議棟前広場 オンラインにて無料配信  https://pmaward.jp
実施概要:大学生、専門学校生、高校生対象のプロジェクションマッピングコンテスト
主催:東京国際プロジェクションマッピングアワード実行委員会
共催:一般社団法人東京臨海副都心まちづくり協議会
特別協賛:株式会社東京ビッグサイト、株式会社IMAGICA GROUP
パナソニック株式会社/パナソニック システムソリューションズ ジャパン株式会社
後援:経済産業省、東京都港湾局、江東区、日本科学未来館、TCVB(公益財団法人東京観光財団)、CG-ARTS(公益財団法人画像情報教育振興協会)、VIPO(特定非営利活動法人映像産業振興機構)、一般財団法人デジタルコンテンツ協会(DCAJ)
メディアパートナー:CGWORLD、映像新聞、MAXON Computer、月刊サイン&ディスプレイ、
COMMERCIAL PHOTO、東京お台場.net、テレ朝POST
特別協力:ゆりかもめ、りんかい線
協力:株式会社Box Japan、株式会社ワコム、株式会社フジテレビジョン、ヴィーナスフォート、ダイバーシティ東京 プラザ、デックス東京ビーチ、東京ベイ有明ワシントンホテル、東京ベイコート倶楽部 ホテル&スパリゾート、ホテルトラスティ東京ベイサイド、東京ベイ・クルーズレストラン シンフォニー、Kawasaki Robostage、有明ガーデン
企画/制作:株式会社ピクス、株式会社IMAGICA EEX

●公式サイト/SNS

公式サイト:https://pmaward.jp
公式Facebook:https://www.facebook.com/pmaward.jp/ 
公式Twitter:https://twitter.com/pmaward_jp
公式note:https://note.com/pmaward/

以上

ページのトップへ戻る