火樹銀花



タイトル:
火樹銀花

作品概要:
私たちの作品のタイトルである「火樹銀花」は、現代では「街の灯りや花火の光が輝く様子」や「夜景」を言い表す四字熟語です。この言葉の元になっているのは、中国・唐の時代の詩人、蘇味道が詠んだ「正月十五夜」という詩です。この詩によると、「火樹」は樹や傘のような形の灯火台の上に無数の灯籠が煌めく「燈樹」のことを指し、「銀花」は夜空に輝く花火を指しています。
このことから、私たちは作品内で、出典である正月十五夜の様子、『光』の代表である「灯籠」と「花火」を用いた日本のお祭り、火から電気による光へと変わった、現代での「光」の様子を表現しています。
昔も今も変わらない、光のもたらす楽しさと魅力が伝わりますように。


チーム名:スターマイン

学校名:東京電機大学
メンバー:何梓歆 / 中山絵梨香 / 廣瀬明日花

Q.どんなメンバーで構成されたチームですか?
東京電機大学理工学部理工学科情報システムデザイン学系3年生の3人組です!(学部名が長い…!)
学校の授業で知り合って、仲良くなりました!

Q.なぜこのアワードに応募しようと思いましたか?
学校の先生の紹介でこのアワードを知りました!
初心者ですが、プロジェクションマッピングの制作に実際に挑戦してみたいと思い、応募しました!

👉チーム紹介のnoteはこちらからご覧いただけます📓

ページのトップへ戻る