募集要項・エントリー方法 (Vol.3)


「東京国際プロジェクションマッピングアワード Vol.3」 募集要項・エントリー方法

東京国際プロジェクションマッピングアワード Vol.3

目的

世界で通用する若手映像クリエイターの登竜門を作ることにより、将来のコンテンツ産業の中核となる人材の育成を実現すると同時に、プロジェクションマッピングというCG映像コンテンツ技術の高度化と普及を促進し、その取り組みを世界に発信することにより、日本発のコンテンツに対する興味・関心を高める機会の創出をすること。
 

主催

東京国際プロジェクションマッピングアワード実行委員会 (株式会社ピクス、株式会社イマジカデジタルスケープ)
 

概要

実施方式:制作マニュアルを参照の上、制作の実施。上映会で審査により優秀賞の発表を行う。
制作内容:プロジェクションマッピング投影用映像。

  • 募集テーマ”JAPAN”
  • 尺…2~3分程度
  • サイズ…HD(1920×1080)x 2面
  • フレームレート…30fps

上映・審査:2018年11月17日(土)17:00~21:00(予定) 東京ビッグサイトの会場にて実施。
 

応募資格

  • 大学、大学院、高専、専門学校に所属する学生とする。
  • 一次審査後に東京にて行われるワークショップ(7/14(土)開催予定)、及び上映会当日に参加できること。
    (※遠方の応募者には、アワード本選の前日・当日の宿泊費および航空券代として上限10万円/人を主催側が負担します。1チームにつき4名まで)
  • 1名以上のチーム編成での参加とし、各チーム代表者1名 / 学校関係者1名以上での申込とする。
  • 別の学校、学生とともにチームを組むことも可。但し各校ごとに学校関係者1名の参加を必須とする。
  • チーム内には、3DCGおよび2Dアニメーションのアプリケーションを使用できる者が最低1名はいること。
    (※原則、学生以外の制作は禁止。プロの協力者がいる場合、アドバイスは可とする。)

 

審査について

第一次審査 :
WEBサイトからエントリーした参加希望者は、期日までに、エントリーシート / 企画書 / 誓約書を提出。
書類審査のうえ合格者を発表、合格者はプロジェクションマッピングの制作を行い、上映会にて作品発表をする。

上映会審査 :
上映会にて、若干名の審査員による投票により、優秀作品を決定。
優秀作品は表彰、賞金を贈呈ならびに上映会終了後、東京ビッグサイトでの映像上映を予定。

 

審査基準

【第一次審査の選考基準】

  • 企画が優れているか
  • 東京ビッグサイトで不特定多数の人にお披露目する作品として相応しいかどうか
  • 十分なクオリティを担保できるチームかどうか
  • 途中でリタイアなどをすることなく、制作スケジュール通り制作を行えるチームかどうか
  • CGアニメーションの技術やプロジェクションマッピングならではの表現や特徴をいかした企画かどうか
  • テーマを解釈し、活かした表現となっているかどうか

【上映会の審査基準】

  • 大人も子供も楽しめるエンターテインメントなコンテンツかどうか
  • 音楽と映像の融合を活かした表現かどうか
  • 3DCG、アニメーションの技術をうまく活用できているかどうか
  • プロジェクションマッピングとして、投影面の特徴を生かした迫力ある3D表現かどうか

 

各賞・副賞について

応募作品の中から優秀と認められた作品に対し、以下の各賞および副賞を授与します。賞金総額は100万円。

  • 最優秀賞 1チーム(トロフィー、賞状、および副賞50万円)
  • 優秀賞 1~2(トロフィー、賞状、および副賞)

※場合によっては、審査員特別賞を選出
 

エントリー手順とスケジュール

  1. エントリー
    公式サイトからエントリーを行って頂いた方に、本エントリーに必要な書類(エントリーシート、企画書フォーマット、誓約書)のダウンロード方法、提出方法をご案内致します。
  2. 企画書提出
    応募書類、並びに提出方法ににつきましてはエントリー後にメールにてご案内させて頂きます。
  3. 一次審査
    書類を元に第一次審査を実施。通過者は上映会に向けて実制作に進んで頂きます。
  4. 上映会 / 審査 / 表彰式
    11月17日(土)の上映会にて完成作品を上映、審査を行い審査結果を発表します。
項目 日程 内容
エントリーオープン 4月16日(月) 公式サイトにてエントリー受付開始
エントリー締切 6月15日(金)18時〆 公式サイトからのエントリー締切
企画書提出締切 6月22日(金)18時〆 エントリーシート / 企画書 / 誓約書の提出
第一次審査結果発表 6月29日(金) 公式サイトでの掲示、並びにメールにて連絡予定
ワークショップ 7月14日(金) 第一次審査通過者を対象に映像制作について確認
進捗確認① 8月20日(月) ビデオコンテ提出
進捗確認② 9月28日(火) 完成フル尺のムービーデータを提出(途中経過報告)
ベータ版データ提出 10月15日(月) 完成フル尺のベータ版データを提出(完成前の確認)
完成データ納品 10月31日(水) 完成データを提出(指定のデータ形式で納品)
事務局データ確認期間 11月上旬 投影データとして不備がないか事務局で確認
※不備があった場合は修正作業が発生する可能性有り
上映会・表彰式 11月17日(土) 東京ビッグサイトにて本番

 

参加規定

アワードの参加にあたり、エントリーシートの提出及び別途配布の誓約書に捺印・提出を頂いた上で、参加の意思を有するものとし、所属学校、担当教員、制作チームの代表者及びチームメンバーの同意を得られたものとします。
 

映像の権利について

上映会以後、優秀作品は東京ビッグサイトで行われるプロジェクションマッピングの上映会でも使用する予定です。

応募作品の所有権、著作権(著作権法第27条及び28条に規定された権利も含む)その他一切の権利は主催者である、株式会社ピクス及び株式会社イマジカデジタルスケープに加え、グループ会社である株式会社イマジカ・ロボットホールディングスに帰属し、株式会社東京ビッグサイト等の協力会社への使用権を許諾します。

また、プロジェクションマッピング上映のほか、アワード及び上記会社の広報・宣伝活動等へ使用いたします。
(Webサイト、TV、新聞、雑誌、デジタルサイネージ、作品集、会社概要などを想定、静止画、動画等の制限も無いものとする。) ただし、参加者本人の就職活動や作家活動での制作実績としての使用は許諾いたします。

※エントリーに際しては上記を承諾済みとします。また、学校関係者及び制作に参加する全員に誓約書に署名をお願いします。
 

個人情報の取り扱いについて

当事務局では、参加者の個人情報保護の考え方を以下の通り定め、これを遵守することにより、個人情報の漏洩、流用、改ざん等の防止に細心の注意を払います。

1. 個人情報の利用目的

参加者の個人情報は、以下の利用目的の範囲内でのみ利用させて頂きます。
(1)制作サポートにおける諸連絡
(2)審査結果の通知
(3)制作作品についての確認事項のご連絡
(4)本アワードについてのマスメディアおよびウェブサイトへの公表
(作品名、氏名、学校名及び所属等。なお、その場合は公表内容を事前に代表者に連絡の上、確認します。)

上記目的以外で必要が生じた場合は、ご本人の承諾を得た上で利用することとします。

2. 第三者への開示・提示

参加者の個人情報は、適切な方法で管理・保護に努めてまいります。
参加者の個人情報を、ご本人の同意なく第三者に開示・提供は致しません。ただし、事務局運営の業務に必要な範囲内で業務委託先に開示することがあります。
また、人の生命、身体または財産の保護のために開示の必要があり、ご本人の同意を得ることが困難である場合、また法令により個人情報の開示が求められた場合は この限りではありません。

3. 参加者の同意

参加者は別途配布の「参加誓約書」の内容を確認の上捺印ください。誓約書の提出をもって参加者の同意を得られたものとします。
 

その他注意事項

  • 本アワードにおいて、作品情報(企画書、動画、静止画など)が参加チームの関係者以外に漏れないよう留意すること。
  • 完成した映像素材は、アワード終了後についても事務局の許諾なく外部へ公開することを原則禁止とする。
  • SNS等を使用してのアワード自体への書き込みは可とするが、本番上映前の段階の制作物(映像や静止画)のアップロード禁止とする。
  • アワード事務局から譲渡された制作チャートや資料、音源などの流出やインターネット上への公開を禁止とする。
  • 主催、協賛、協力会社、他参加校などへの誹謗中傷は禁止とする。
  • 各種素材(音楽、画像など)に関する権利処理について不明な点がある場合は、事前に主催者に相談の上実施とする。
  • 権利侵害等のクレームや紛争について、東京ビッグサイト、主催者、及び、その関連会社は一切責任を負いません。万が一、第三者から権利侵害等の主張があった場合、応募者にて適切に処理し、東京ビッグサイト、主催者、及び、その関連会社に一切の負担が及ばないようにすること。
  • 13歳未満の本アワードへの参加は不可。応募者が未成年の場合は、予め保護者の承諾を必須とする。

 

エントリーフォームについて

下記のエントリーフォームより応募してください。
エントリーフォーム 東京国際プロジェクションマッピングアワードVol.3

ページのトップへ戻る